ネキシウムと胃腸薬の写真 胃腸薬の種類.com

胃腸薬には症状に応じて様々な種類があります。胃もたれ・胃酸過多など症状にあった胃腸薬を選ぶことで改善できます。しかし、同じ種類のお薬ばかり服用してしまうと効かなくなることもあるようです。それでは胃腸薬について説明していきます。

2017年01月の記事一覧

ストレスでの胃の不調と治療期間、胃腸薬は効果ある?

胃が弱い人はストレスやちょっとした変化に敏感に反応して、すぐに胃腸の調子が悪くなるということがあります。食べ過ぎや飲み過ぎた時には胃腸薬を飲めば比較的早く回復することができます。また、急性胃腸炎や風邪が流行る冬の時期になりやすい胃腸風邪なども、ゆっくり休んで胃を休ませたり、胃に優しい食事を心がけ、出来るだけ早くウィルスを外に排出することで、3日間から1週間程度で回復することができます。しかしながら、ストレスが原因による胃の不調はどのくらいの治療期間が必要となるのでしょうか?精神的なものが原因となっている場合は、薬を飲むことで胃の痛みなど不快感を一時的に軽減することはできます。また精神的な胃の不調に対応した市販薬も販売されています。しかしながら、原因そのものを取り除かなければ根本的な治療にはならず、ストレスを感じるたびに同じ症状を繰り返す可能性があります。ストレスが強くなり胃がその影響を受けるほど、負担が大きくなり胃潰瘍やその他の病気につながってしまうこともあるため、ストレスだと軽視せずに、症状が酷くなる前に対処することが大切です。精神的なものによる胃の不調の治療期間は個人のストレスの度合いや性格により異なります。上手に気分転換をして体を休ませることで、すぐに良くなることもありますが、過去の不快な経験を引きずりやすい性格の人はいつまでも負のスパイラルから抜け出すことができずに、不調が続いてしまいます。近年では、過敏性腸症候群と呼ばれる病気に悩んでいる人が増えてます。この病気は試験、重要な会議やプレゼンの前に便秘や下痢を繰り返したり、腹部膨満感や止まらないげっぷといった症状が出ます。症状が酷くなると日常生活に支障をきたすまで悪化してしまうことがあるため、自分で対処できない場合は病院で正しい治療を受けるようにしましょう。

続きを読む

X線に写らない胃の病気をプロテアーゼの胃腸薬で治療

食事の時間が訪れたのにも関わらず、食事を摂ることができないという場合は無理して食べなくても良いという考え方があります。
実際に無理して食べる必要は無いのですが、食べなければ病気になってしまうリスクは高まるということを覚えておきましょう。
特に、食欲が無い場合胃腸薬を服用し有効成分により胃腸を活性化させた上で食事するという方は多いのですが、慢性的にプロテアーゼなどが配合されている胃腸薬を服用すると、体内に摂取したカルシウムが吸収されてしまい骨粗しょう症に繋がる恐れがあります。
食欲が無いからと言って欠食を続けてしまうと、太りやすくなるということも研究により判明しています。
物理的に食物を体内に摂取していないので太る理由が無いと考えられることが多いのですが、次回の食事の際に本来の食事量を大幅に超えて体内に摂取してしまうため、結果的には多くのエネルギーを摂り込むことになるのです。
そして、摂り込みすぎたエネルギーというのは成人病を誘発するので、最終的に癌などの重い病気に繋がる可能性も含んでいます。
身体の内部を写しだすことが可能なX線は診療の際に用いられることが多いのですが、胃腸薬を飲みたくなるほど胃の調子が悪い状態であってもX線には写りません。
そのため、診察の結果無問題であると診断されてしまい、手遅れになることもあるのです。
こうした悪循環を断ち切るためには、やはり日頃から健康に良いとされることを継続的に行うことが良いです。
そういった状態で最も良いのは運動を日課にすることです。
時間を確保することが難しくても、通勤時などに積極的階段を使用するという簡単なことでも、胃腸薬にお世話にならない丈夫な内臓が手に入ります。

続きを読む